愚者の曲解

伺水の雑記。

手帳の買い替え2018

こんにちは、伺水(@moto8an_shisui)です。
仕事が10年に一度の多忙期に入ってしまい、ずいぶん久しぶりの更新となりました。

2月末頃に新しく手帳を買いました。
買った時に書こうと想っていたのですが、もう3ヶ月以上も経ってしまいました。
ということで、今回は2018年用として、新しく買った手帳についてです。

昨年買った手帳

昨年買った手帳は、『高橋の手帳(ウィークリー)』です。
shisui.hatenablog.jp

その前の手帳は『ほぼ日手帳』で、書き込める部分がすべて方眼紙ノートなのは良かったんだけど、1日分=見開き2ページ分というのが自分には大きすぎるというのが、『高橋の手帳(ウィークリー)』を選んだ理由でした。

今回買った手帳の特徴

今回買ってみたのは、『ユナイテッドビーズ(UNITED BEES)』の手帳です。
『B6フリーフィールドVタイプ』と書かれているので↓ですね。

ユナイテッドビーズ 手帳 2018年 4月始まり B6 バーチカル フリーフィールド ネイビー T184-BFV-04

ユナイテッドビーズ 手帳 2018年 4月始まり B6 バーチカル フリーフィールド ネイビー T184-BFV-04

f:id:shisuii:20180610231536j:plain
見た目こんな感じです。昨年使っていた『高橋の手帳』と見分けがつかない感じで、大きさも同じです。

f:id:shisuii:20180610231558j:plain
見開き2ページで、各月のカレンダーがあるところも同じです。

f:id:shisuii:20180610231622j:plain
ここに違いがあります。前回の手帳は、左ページ=ウィークリー右ページ=フリースペースという仕様でしたが、今回のはページ上部=ウィークリーページ上部以外=フリースペースという仕様です。+左ページの左端に、TODOリストスペースが少しありますね。

決め手のポイント

前回と違う手帳を買ったものの、決め手のポイントは、ほぼ変わってません。

見開きで『ウィークリー』

2年前に使った『ほぼ日手帳』は、見開きでデイリーでした。これが自分には大きすぎることから、前回見開きでウィークリーのものを選んでみましたが、これは正解でした。なので、今回も見開きでウィークリーである物の中から選びました。

フリースペースが『方眼紙ノート』

ここも『ほぼ日手帳』がそれで気に入ったことから、前回も今回も、フリースペースが方眼紙ノートになっているものを意識して選びました。方眼紙ノートだと、何かを書く際に必要以上に几帳面にならずに、何故か自由に書ける(書きやすい)んですよね。よくわかりませんが、とても不思議です。

財布にやさしい

ここなんかは絶対に変わりません(笑)自由に使える¥は決して多くないですから、ここは常に重要です。

3ヶ月ほど使ってみた感想

見開きがウィークリー、やっぱりいいです。この点は、しばらく変わりそうにありません。決め手のポイントでも書きましたが、方眼紙ノートがいいという点も、しばらく変わりそうにないです。自分にとって使いやすいポイントというのは、そんなに頻繁に変わるものではないみたいですね。

しかーし、1点だけ・・・

↑の写真のウィークリーページを見てもらうと分かると想いますが、ウィークリーの記載欄が横に短いんですよね。自分は字を小さく書くことが得意ではないので、ここに書くのが少々辛いです。なので、ぼくはページ上部に+して、ページの上半分くらいまでウィークリー記載スペースにして使っています。フリースペースがページ下半分に狭まるけど、自分にはそれで十分みたいです。

来年どうするかは、もちろんまだ決めてませんが、いろいろ考えながら以降も使ってみようと想います。年に1回だけですが、手帳選びは楽しい行事になりつつあります。

広告を非表示にする