愚者の曲解

伺水の雑記。

『ぼくとドラゴン』~スマホゲームレビュー

こんばんは、伺水(@moto8an_shisui)です。
今日は、スマホゲームレビューをしてみようと想います。
気に入ってやり続けているゲーム(RPG)の1つです。

── 目次 ───────

私にとっておもしろいゲームのポイント

まず、私は1日の中で、こんな感じでスマホゲームをしています。

  • 通勤の行き帰りの電車内
  • 昼ごはん等の休憩時
  • 帰宅してから気分次第(夜~深夜)

フリーで仕事をしている人間ではなく、会社員ですので、スマホゲームをする人は、みんな似たような感じだろうと想います。いいゲームと言っても人それぞれですが、どういう環境や時間でゲームをしているかで、良し悪しのポイントが違ってくるのかなぁということで、一応前置きしておきます。

基本的にRPGが好き

小学生の低学年の時にドラゴンクエストが発売されて、夢中になって遊んだ記憶があります。以降、ドラゴンクエストシリーズはもちろんのこと、ファイナルファンタジーも欠かさずやりました。ゲームのやり始めが、ファミコンRPGでしたので、自然にというか、必然的にRPG好きになりました。

RPG以外のゲームは、終わって電源を切ってしまったら全て白紙の状態になります。一方RPGは、始めてからやってきたことが全て残っているので、やればやるほど積み重なっている感がある点で、他ジャンルのゲームと大きく異なります。この積み重なっている感が子供の頃から好きで、それは大人になってからもゲームを見る観点として、変わらず残っているような気がします。

『ぼくとドラゴン』というRPG

本題に入ります。今回取り上げたゲームは、『ぼくとドラゴン』です。

bokudora.jp

英霊ドラゴンをガチャやイベント等で手に入れて、自身を強くしていくRPGです。英霊とドラゴンには、セットするためのコストがあり、レベルを上げることで、そのコストの上限値が上がっていきます。厳密に言うと、レベルが上がることでステータスを振るポイントが手に入るので、『英霊コスト』・『ドラゴンコスト』・『スキルコスト』のいずれかに好みで振り分けて強くしていきます

スキルは、英霊やドラゴンがそれぞれ異なるものを持っているので、何をセットするかで使用できるスキルが変わります。簡単に言うと、強くて良いスキルを持った英霊やドラゴンを手に入れてセットしていこう!という感じです。

1日3回、ギルド同士のバトル(30分間)があり、このバトルに勝つために強化していくゲームです。多人数によるユーザー対戦型のゲームになるので、先のドラゴンクエストのように、1人で黙々とやりたいという人には、面白みが分からないかもしれません。

社員満足度の高い会社さん

このゲームの開発・運営を行っている㈱スタジオキングさんですが、社員満足度が高いという記事をどこかで読んだことがあります。(その記事を探してみたんですけど、うまく見つけられませんでした。)それで、社員満足度が高い会社さんは、どんなゲームをつくるんだろう!?と気になってアプリを落としてみた、というのがこのゲームを始めたきっかけです(笑)

結果的には今でも遊び続けているので、社員満足度が高い会社さんは、良いゲームをつくるなというところでしょうか。

studioking.co.jp

『ぼくとドラゴン』の特徴

すぐにレベル上げを始めることができる

このゲームの最大の特徴はこれです。以下の写真を見てください。ゲームを始めると、この画面になるのですが、主人公の少年の足元にいる丸っこいモノ(2箇所、線で囲ってある)がいますが、これはスライムで敵です。これを指でなぞると、主人公の少年が攻撃して倒します。こうすることで、経験値やお金等を手に入れることができます。

f:id:shisuii:20170203003041j:plain

大抵はゲームを始めると、『メイン画面→クエスト→エリア等選択→クエストスタート』でようやく戦いが始まります。これに比べると、レベル上げのしやすさは、圧倒的に良い(速い)です。戦闘が、敵を指でなぞるだけ、というのもポイントです。やってみないと感じることができませんが、ちょっとやりたいなぁという時にストレスが少なくて済むというのは、とても大きなメリットです。

すぐにスライムがいなくなってしまうのでは?と気付かれると想いますが、そこはスライムを呼び寄せるアイテムが、頻繁に手に入るようになっています。無限ではありませんが、そこそこやっている分には、アイテムが尽きていないので、スタミナでアクションを制御されるゲームより、長い時間遊ぶことができると想います。

ドラゴン討伐戦

『ぼくとドラゴン』というタイトル通り、ドラゴンが出てきます。ドラゴンを倒すと、その強さ(レア度)によって、それぞれの確率(卵ドロップ率)でタマゴを落とします。このタマゴから、ドラゴンの幼生が出てきて、英霊と同様に仲間としてセットすることで、戦闘力を上げることができます。ドラゴンには、もう1つ大きな役割があるのですが、それは以下のギルドバトルで説明します。

f:id:shisuii:20170203003046p:plain

戦闘の仕方ですが、始まると白い的のようなものが5つ出てきます。その的とは別に、動きながら白いのに近づいてくる赤い的が出てくるのですが、この2つの的が合わさった時にタップするとコンボが発生して、ドラゴンにダメージを与えることができます。リズムに合わせてボタンを押すような音ゲーに近い感じでしょうか。何も押さなくても攻撃は可能ですが、コンボをつなげるのとしないのでは、与えるダメージ量が全然違います。的が映った写真を撮りたかったのですが、うまくできませんでした。。Σ(´∀`;)

ギルドバトル(1日3回)

ギルド(チーム)同士によるユーザー対戦のバトル(30分間)が、1日3回あります。5人の前衛、残りは後衛に分かれて、与えたダメージ=ポイントとして、その総量を競います。

f:id:shisuii:20170203003037j:plain

上の写真の中央部分に『ドラゴン』とありますが、これは上のドラゴン討伐戦で手に入れたドラゴンを召喚して使用することができます。ドラゴンによって発動する能力は様々あり、敵や味方に大きなプラスもしくはマイナスの影響を及ぼします。良い(強い)ドラゴンを手に入れることは、ギルドバトルにおいて重要なポイントです。

こんな人におすすめ!?

基本的にユーザー対戦型のゲーム

冒頭でも少し触れましたが、基本的にギルドバトルで勝つために強くしていくゲームです。ギルドバトルは時間拘束がありますので、自由気ままにやっていたいという人には面白みが半減かもしれません。ギルドバトルは、他のメンバーと会話をしながら進めていくので、みんなで遊ぶのが好きな人には、間違いなく楽しめるゲームです。成長のさせ方も単純ではなく、かなり奥深いものがあります。そういうことを考えることが好きな人にも、向きなゲームだと想います。

私はかれこれ1年くらい!?遊んでいますが、まだしばらく続けて楽しむ予定です(笑)(´・∀・`)エヘッ

広告を非表示にする